コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッペーンランタ Lappeenranta

2件 の用語解説(ラッペーンランタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラッペーンランタ【Lappeenranta】

フィンランド南東部,この国最大のサイマー湖ロシアとの国境にはさまれた商業都市。人口5万5000(1990)。サイマー湖畔にあり,2本の主要道路の交差点でもあったため,中世初めから市(いち)が立ってにぎわった。1649年市となり,それまでのラプベシLapvesiから現名に変わった。現在も,南フィンランドロシア連邦カレリア共和国を結ぶ国道と鉄道が走り,サイマー運河が通る交通の要衝で,南東約40kmにロシアとの国境の駅バイニッカラがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラッペーンランタ
らっぺーんらんた
Lappeenranta

フィンランド南東部、南カレリア地方の中心都市。人口5万8401(2001)。スウェーデン統治時代から軍事都市の色彩が濃く、現在も陸軍士官学校などがある。スウェーデン語名ビルマンストランドVillmanstrand。上に交通路が通じる大端堆石(たんたいせき)丘サルパウスセルカの斜面に市街が開けている。サイマー水系南端にあたる河港を有し、サイマー運河が市の東方から現ロシア領ビボルグ(フィンランド語名ビープリ)に通ずる。行政・商業中心地であるとともに、パルプ、製紙、セメントなどの工業が盛んである。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラッペーンランタの関連キーワードトゥルクドーバーフィン人フィンランディアフィンランド語ヘルシンキヨエンスーオラビ城コリ国立公園トゥルク城

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone