コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラビュリントス labyrinthos; labyrinth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラビュリントス
labyrinthos; labyrinth

複雑な構造のため,一度中に入ると容易に出られないという伝説上の建物,またはそれを象徴化した図案。伝説ではクレタ島の王ミノスの妻パシファエが牡牛によって牛頭人身の怪物ミノタウロスを生み,王はダイダロスに命じてラビュリントスを造らせ,ミノタウロスを幽閉したとされるが,これにあたる遺跡は発見されていない。またギリシアの歴史家ヘロドトスが『歴史』に記述したエジプトのラビュリントスは,複雑な建物であるが,迷宮を意図して造られたものではないらしい。ラビュリントスは早くから文様として記号化され,紀元前2世紀のクノッソスの貨幣に刻まれている。また古代ローマの住宅や中世の大聖堂の床面にはラビュリントスの図案がモザイクとしてはめこまれたが,迷い道や行止りがなく,一筆描きであった。これらは災いを逃れるまじないや苦行のしるしとされ,「エルサレムへの道」と呼ばれる聖堂のものは,信者が外周部から中心まで祈りながら膝行するので,エルサレムへの巡礼にたとえられた。バロックの時代になって,迷い道や行止りのある迷路が登場し,各地の庭園に遊びの場として造られるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラビュリントス

ギリシア伝説でダイダロスがミノス王のために造った複雑な宮殿。怪物ミノタウロスが住み,英雄テセウスアリアドネの導きでここから脱出した。クノッソスにあったといわれ,迷宮,迷路,迷園の語源。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のラビュリントスの言及

【エジプト美術】より

…しかし,墓室および廊下には,盗賊に備えて密閉のための巧妙な装置が発達したことや,葬祭神殿などの付属施設が大規模になったことなどに特色がある。ヘロドトスの伝えるラビュリントスは,ハワーラHawāraにあるアメンエムハト3世の葬祭神殿であった。葬祭神殿以外の神殿では,横長広間の前室の奥に三つ,七つ等の小神室が並列するものや,横長広間に列柱を建て,その奥に,前後に開口部をもつ神室を独立に設け,神室を取り巻く廊下に多くの小室を開く形式が見られる。…

【クノッソス】より

…また,下水溝,上水道,水洗便所もあり,階上にはバルコニーやロッジア(涼み廊下)があった。宮殿の目的は威厳や秩序よりも生活の快適さを第一とする便宜主義にあったため,多くの小部屋や廊下や階段が複雑な複合建築をなし,後に〈ラビュリントス(迷宮)〉の伝説になる。なお,ラビュリントスの本来の意味はラビュリス(双斧)殿である。…

【ダイダロス】より

…弟子にした甥が師をしのがんばかりの技量を示したため,これをアクロポリスから突き落として殺し,クレタ島の王ミノスのもとに逃れた。ここで彼は海神ポセイドンの雄牛に恋した王妃パシファエのために木製の雌牛を作ってやり,彼女が人身牛頭のミノタウロスを生むと,この怪物を入れておく迷宮ラビュリントスを造った。その後,アテナイの王子テセウスが怪物退治にやってきたときには,テセウスに恋した王女アリアドネに,王子が迷宮内で道に迷わぬための糸球の策を授けた。…

【迷宮】より

…ギリシア語のラビュリントスlabyrinthosが語源。古代の著述家たちがエジプトなどの神殿や宮殿にありとした複雑な構成の建物。…

※「ラビュリントス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラビュリントスの関連キーワードアメンエムヘト3世クノッソス遺跡イカロス坂井修一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android