コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフメティ・アラト ラフメティ・アラト Rahmetî Arat, Reşit

2件 の用語解説(ラフメティ・アラトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフメティ・アラト
ラフメティ・アラト
Rahmetî Arat, Reşit

[生]1900.5.15. カザン近郊
[没]1964.1.29. イスタンブール
トルコ共和国トルコ学者。ペトロパブロフスクで中・高等教育を受け,ロシア革命後,ハルビンを経て,1922年ベルリンに移住。 27年ベルリン科学アカデミーから,トルコ語比較言語学により博士号を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ラフメティ・アラト
Rahmeti Arat


1900 - 1964
トルコウイグル語学者,トルコ文献学者。
イスタンブール大学及びトルコ学研究所で教育と研究に従事する。ドイツ人学者と共同で「オグズ・ハーン伝説」(1936年)の訳注を行った他、11世紀のトルコ語文献「クタドグ・ビリク」の現代語訳注を完成し、彼の名を不朽のものとする。トゥルファン出土文書の整理・研究へも貢献。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラフメティ・アラトの関連キーワード家山仮山カザン汗国カザンハン国カザン要塞火山焼き火山礫質火山灰カザンスキー岩上野華山近衛霞山

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone