ラブラドル海流(読み)ラブラドルかいりゅう(英語表記)Labrador Current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラブラドル海流
ラブラドルかいりゅう
Labrador Current

大西洋の北西部を南流する海流。北太平洋における親潮に相当する。バフィン湾からデービス海峡を経て,ラブラドル半島,ニューファンドランド島海岸に沿って南東に流れる寒流。デービス海峡を抜ける寒冷な北極水 (→バフィン島海流 ) および西グリーンランド海流の西流分枝に発するが,性質はバフィン島海流に類似。水温は-1℃以下,塩分も低く 33~34‰。ニューファンドランド島付近でメキシコ湾流と会合,東に方向を転じ北大西洋海流と名称を変えて東流。会合点には,顕著な潮目を形成,温暖な水面を通った空気が寒冷な水面を通るので霧が多発する。氷山の流出が多く,航行上の危険地域で,1912年イギリスの豪華客船『タイタニック号』の海難事件は有名。デービス海峡中央および西グリーンランド沖の大洋水との間の前線に生じる湧昇流,冬季の冷却による垂直方向の対流などは栄養塩類を富ませ微生物が大量に発生,大漁場となる好条件を与える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ラブラドルかいりゅう【ラブラドル海流】

グリーンランド西岸からカナダ東岸に沿って南下する寒流。ニューファンドランド付近で湾流と出合い、好漁場を形成。春先には流氷が多く、航海の障害となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android