コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブルースト ラブルースト Labrouste, Henri

2件 の用語解説(ラブルーストの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラブルースト
ラブルースト
Labrouste, Henri

[生]1801.5.11. パリ
[没]1875.6.24. フォンテンブロー
フランスの建築家。エコール・デ・ボザールで学び,1824年にローマ大賞を獲得,25~30年にローマに留学。合理的な建築様式と,鉄材などの新建材の使用で知られた。主作品はパリのサントジュヌビエーブ図書館 (1843~50) ,フランス国立図書館の読書室と書庫 (62~68) で,ともに空間の調和と鉄材の巧みな使用や内部の表現にすぐれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラブルースト【Henri Labrouste】

1801‐75
19世紀中期のフランスを代表する建築家。パリ生れ。初期のエコール・デ・ボザール(国立美術学校)で教育を受け,1824年ローマ大賞を受賞してローマに留学。周囲の新古典主義的作風に反対して,南イタリアに点在する古代ギリシアの遺跡に強く引かれ,〈ネオ・グレコ〉と呼ばれる新しい潮流をつくり出した。若い頃は長老たちの占める美術アカデミーとそりが合わず,仕事も少なかったが,後にパリのサント・ジュヌビエーブ図書館Bibliothèque Sainte‐Geneviève(1850)やビブリオテーク・ナシヨナル(1875)を設計する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラブルーストの関連キーワードバロックブロンデルシャブリブルゴーニュ大公宮殿UIAシャンベルタンペトリュスモンラッシェマルモンテル, フランソワ《19世紀のフランス料理技術》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone