コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマナ・マハルシ Ramaṇa Maharṣi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマナ・マハルシ
Ramaṇa Maharṣi

[生]1879.12.30. マドゥラ
[没]1950.4.14. ティルバンナマライ
インドの宗教家シバ神そのものとして信仰されているアルナチャラ山の麓の霊場にこもって以来,一歩もそこから出ることなく,自分自身のなかに沈潜することに努めた。彼を慕って訪ねてくるインド人,外国人が絶えず,彼の道場では静けさと愛情に満ちた雰囲気のうちに人々が修養に努めた。カースト制度を否認し,バラモンの印である聖紐を捨去り,宗教や民族の差異をこえた愛を説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラマナ・マハルシ
らまなまはるし
Ramaa Mahashi
(1879―1950)

インド、シャンカラ系のベーダーンタ学派哲学者。南インドのマドライ近郊で生まれる。17歳のとき根本体験を経験し、その後、聖山アルナーチャラの麓(ふもと)にこもって終生そこを離れなかった。著作に、タミル語の小品『ナーン・ヤール(私とは何か)』などや、シャンカラに帰せられる作品『ビベーカ・チューダーマニ』などのタミル語訳がある。彼の思想はシャンカラの不二一元(ふにいちげん)論と変わらないが、まったく独自の根本体験によりその思想に達した点が興味深い。[島 岩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

ラマナ・マハルシ
Ramaṇa Maharṣi


1879.12.30 - 1950.4.14
インドの哲学者,哲学詩人。
マドゥライ近郊生まれ。
17歳の時に根本体験をし、マドラス近郊のアルナーチャラ山麓に隠棲し50年、終生そこを離れなかった。著作に、タミル語の小品「私とは何か」「ビベーカ・チューダーマニ」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ラマナ・マハルシの関連キーワードボアボードランおもなお雇い外国人セベーリドンケル=クルティウスルノンドーライシャワー織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令