コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムジェット ラムジェット ramjet

4件 の用語解説(ラムジェットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムジェット
ラムジェット
ramjet

航空機用ジェットエンジンの一種。通常のターボジェットでは空気を圧縮機で圧縮し,それに燃料を吹き込んで燃焼させ,排気を高速で噴射して推力を得るが,飛行速度が大きくなると,エンジンに流入してくる空気をせき止めるだけでも十分な高圧が得られ,圧縮機は不要になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラムジェット(ramjet)

飛行機などで、高速度で進行するときに生じる圧力(ラム圧力)で空気を圧縮し、燃料を吹き込んで燃焼させる方式のジェットエンジン。空気圧縮機を搭載しないので軽量にでき、速度が速いほど効率がよくなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ラムジェット【ramjet】

空気圧縮機を用いないで、高速で飛行したときに生じる圧力を利用したジェット-エンジン。マッハ2.5以上で有効といわれている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラムジェット
らむじぇっと
ram jet

空気中を高速度で進行するときの前進圧(ラム圧)を利用して空気を圧縮し、それに燃料を吹き込んで燃焼させて推力を得るジェットエンジンで、パルスジェットとともにダクトエンジンの一種。空気圧縮機もそれを駆動するタービンも不要で、単なる筒(ダクト)でよく、この中にディフューザーフレームホルダーを取り付けたきわめて簡単な構造で重量も軽くできる。しかし、エンジンを始動するには空気を適当な圧力まで圧縮するラム圧が必要なこと、つまり、あらかじめかなりの高速度を与えないとエンジンを運転するのに必要なラム圧が得られないこと、したがって離着陸のような低速飛行中の運転ができないこと、運転中の燃料消費量や運転時の騒音がきわめて大きいことなどの欠点がある。そのため通常のジェットエンジンと組み合わせて使用することが多いが、現在はごく限られた用途以外には用いられていない。だが、速度が速いほど効率がよくなること、構造が簡単で軽量であることなどの特長を生かすと、音速の3~8倍程度の超音速機のエンジンとしては適当なので、将来は改良されて実用化される可能性もないとはいえない。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラムジェットの関連キーワードジェットエンジン航空エンジンジェット燃料ファンジェットウィジェットエンジンエアブリージングエンジンガジェットエンジン航空発動機ターボジェットエンジンラムジェットエンジン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラムジェットの関連情報