コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリオノフ ラリオノフ Larionov, Mikhail Fëdorovich

2件 の用語解説(ラリオノフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラリオノフ
ラリオノフ
Larionov, Mikhail Fëdorovich

[生]1881.6.3. チラスポリ
[没]1964.5.11. フォントネーオーローズ
ロシア出身の画家。舞台美術家としてフランスで活動した。モスクワ美術学校を卒業後,初め印象主義的絵画を手がけたが,未来派の影響を受け,1910年にレイヨニズムの抽象画を発表,3年後「レイヨニズムの宣言」を出し,ロシア抽象美術の先駆をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラリオノフ
らりおのふ
Mikhail Fedorovich Larionov
(1881―1964)

ロシア生まれのフランスの画家、舞台装置家。モルダビア(1991年以降モルドバ共和国)のチラスポリ近郊に生まれる。モスクワ絵画・彫刻・建築学校でセローフおよびレビタンに師事、後期印象派風の仕事を始めたが、1906年にパリへ行き、フォービスムと素朴派に影響され、田舎(いなか)の風景や兵士の生活をプリミティブなタッチで描いた。その後、夫人のゴンチャロワNatalia Sergeevna Goncharova(1881―1962)とともにモスクワの「左翼的」画家たちによる「ダイヤのジャック」「ロバの尻尾(しっぽ)」などの展覧会を組織した。11年、抽象芸術の一派たるルチズム(レイヨニスム)を提唱した。ロシア未来派の詩人たちの詩集装丁を手がけるなど、革命前のモスクワ前衛美術運動の中心的存在だったが、15年にパリに移住し、その後は夫人とともにディアギレフのロシア・バレエ団のための舞台装置を手がけた。絵画の代表作は『休息する兵士』(1911・モスクワ、トレチャコフ美術館)。38年フランス国籍を得、パリに没した。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラリオノフの関連キーワードチラスポリノーチラス蹴散らす算を散らす食べ散らす撒き散らすサイクロスポリンAセファロスポリン喚き散らすスポリナイト炭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラリオノフの関連情報