コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランキン‐ユゴニオの関係式 Rankine-Hugoniot relations

1件 の用語解説(ランキン‐ユゴニオの関係式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ランキン‐ユゴニオの関係式【Rankine-Hugoniot relations】

質量運動量エネルギー保存の法則*から導出された関係式で,衝撃波の通過前後における速度と伝達流体の圧力,密度,エンタルピー相関関係を表す.波面の前方,後方における圧力を p1p2p2p1),密度を ρ1,ρ2,定圧比熱と定積比熱の比(ポアッソンの係数*)を γ としたとき

となる.波面の伝播速度のマッハ数*Ma で表すと

が成り立つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランキン‐ユゴニオの関係式の関連キーワード内部エネルギー熱エネルギー力学的エネルギーエネルギー保存の法則熱力学の第一法則機械エネルギー保存則ヘルムホルツの原理保存の法則力学的エネルギー保存の法則エネルギーと運動量の保存

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone