ランキン‐ユゴニオの関係式(英語表記)Rankine-Hugoniot relations

法則の辞典の解説

ランキン‐ユゴニオの関係式【Rankine-Hugoniot relations】

質量運動量エネルギー保存の法則*から導出された関係式で,衝撃波の通過前後における速度と伝達流体の圧力,密度エンタルピーの相関関係を表す.波面の前方後方における圧力を p1p2p2p1),密度を ρ1,ρ2,定圧比熱と定積比熱の比(ポアッソンの係数*)を γ としたとき

となる.波面の伝播速度のマッハ数*Ma で表すと

が成り立つ.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android