コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランキン‐ユゴニオの関係式 Rankine-Hugoniot relations

法則の辞典の解説

ランキン‐ユゴニオの関係式【Rankine-Hugoniot relations】

質量運動量エネルギー保存の法則*から導出された関係式で,衝撃波の通過前後における速度と伝達流体の圧力密度エンタルピーの相関関係を表す.波面の前方,後方における圧力を p1p2p2p1),密度を ρ1,ρ2,定圧比熱と定積比熱の比(ポアッソンの係数*)を γ としたとき

となる.波面の伝播速度のマッハ数*Ma で表すと

が成り立つ.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ランキン‐ユゴニオの関係式の関連キーワード定圧比熱定積比熱

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android