コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランジェリー lingerie

翻訳|lingerie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランジェリー
lingerie

元来亜麻布製品の意のフランス語。現代では材料の種類を問わず,女性用の下着類,薄物の部屋着類をさす。 13~19世紀までは薄手ウールや亜麻布,絹のシャツ,19世紀にはコルセットの下に着けるシュミーズ,コルセットの上に着るシュミーズやドロワーズが含まれた。 20世紀には簡略化され,スリップオール・イン・ワンなどに変り,材料も化学繊維が多くなった。また 18世紀初頭には,一時ゆるやかな女性の日常着的なローブをさしたこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ランジェリー(〈フランス〉lingerie)

女性の装飾的な下着類。また、薄地ネグリジェや部屋着。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ランジェリー【lingerie】

装飾性の高い女性用下着。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のランジェリーの言及

【下着】より

…衛生,保温,体型の補整,装飾などのために用いられる。洋装の下着は用途によって肌着(アンダーウェアunderwear),基礎下着(ファウンデーションfoundation),装飾下着(ランジェリーlingerie)の3種に分けられる。いずれも木綿,麻,絹,羊毛,化学繊維などでつくられ,白,肌色,あるいは上に着る衣服と同色のものが用いられる。…

【下着】より

…衛生,保温,体型の補整,装飾などのために用いられる。洋装の下着は用途によって肌着(アンダーウェアunderwear),基礎下着(ファウンデーションfoundation),装飾下着(ランジェリーlingerie)の3種に分けられる。いずれも木綿,麻,絹,羊毛,化学繊維などでつくられ,白,肌色,あるいは上に着る衣服と同色のものが用いられる。…

※「ランジェリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ランジェリーの関連キーワードアンジェリーナ ジョリーヘレンハウゼン王宮庭園ジゼル・ブンチェンファンデーションブラッド ピットハイジ クラムワコール(株)サンスーシ公園ティッシュ加工アツギ(株)ペティコート新迎賓館室内庭園神田うのインナーワコールP!NKアツギ中山綾具体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランジェリーの関連情報