コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランスロ物語 ランスロものがたりRoman de Lancelot

世界大百科事典 第2版の解説

ランスロものがたり【ランスロ物語 Roman de Lancelot】

アーサー王に仕える円卓の騎士の一人ランスロ卿を主人公とする物語。最初に成立したのは,おそらくフランスでクレティアン・ド・トロアが1170年代に書いた韻文長編《ランスロまたは荷車の騎士》で,他界の王にさらわれたアーサー王妃をランスロが屈辱に耐えて救出する挿話を物語るものであった。ランスロを誕生・生い立ちから扱った作品としては,今日伝存しないフランス語作品(しかしその存在と内容は12世紀末のドイツ語訳《ランツェレット》によって知られる)を種本の一つとして1220年代にフランス語散文作品《ランスロ本伝》(別名《湖水のランスロ》)が書かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ランスロ物語の関連キーワードベラール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android