ランスロ物語(読み)ランスロものがたり(英語表記)Roman de Lancelot

世界大百科事典 第2版の解説

ランスロものがたり【ランスロ物語 Roman de Lancelot】

アーサー王に仕える円卓の騎士の一人ランスロ卿を主人公とする物語。最初に成立したのは,おそらくフランスでクレティアン・ド・トロアが1170年代に書いた韻文長編《ランスロまたは荷車の騎士》で,他界の王にさらわれたアーサー王妃をランスロが屈辱に耐えて救出する挿話を物語るものであった。ランスロを誕生・生い立ちから扱った作品としては,今日伝存しないフランス語作品(しかしその存在と内容は12世紀末のドイツ語訳《ランツェレット》によって知られる)を種本の一つとして1220年代にフランス語散文作品《ランスロ本伝》(別名《湖水のランスロ》)が書かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android