コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランタニド収縮 ランタニドしゅうしゅく lanthanide contraction

2件 の用語解説(ランタニド収縮の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ランタニドしゅうしゅく【ランタニド収縮 lanthanide contraction】

ランタノイド(古くはランタニド元素と呼んだ)のイオン半径あるいは原子半径が,原子番号にしたがって減少する現象。同じような現象はアクチノイドでもみられ,これはアクチニド収縮呼ばれる。一般に,原子あるいはイオンの大きさは最外側の核外電子の位置によって決まるが,たとえば原子半径では,一般的にいって周期表中の同じ族内では原子番号の増大とともに増加し,同じ周期内では原子番号の増大とともに減少している。これは同族内の元素の原子では,電子数が増加し,最外側電子はより外側の軌道に入るためであり,また同じ周期内の元素の原子では,原子番号の増大とともに,一つずつ電子が増加しても最外側の同じ軌道に入るため,原子核の電荷が1単位ずつ増加してそれだけ強くひきつけられるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランタニド収縮の関連キーワードアクチノイド希土類元素ランタニドランタノイドアクチノンアクチニド元素超アクチノイド元素ランタン系列ランタン炭ハーキンスの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone