コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランタニド収縮 ランタニドしゅうしゅくlanthanide contraction

世界大百科事典 第2版の解説

ランタニドしゅうしゅく【ランタニド収縮 lanthanide contraction】

ランタノイド(古くはランタニド元素と呼んだ)のイオン半径あるいは原子半径が,原子番号にしたがって減少する現象。同じような現象はアクチノイドでもみられ,これはアクチニド収縮と呼ばれる。一般に,原子あるいはイオンの大きさは最外側の核外電子の位置によって決まるが,たとえば原子半径では,一般的にいって周期表中の同じ族内では原子番号の増大とともに増加し,同じ周期内では原子番号の増大とともに減少している。これは同族内の元素の原子では,電子数が増加し,最外側電子はより外側の軌道に入るためであり,また同じ周期内の元素の原子では,原子番号の増大とともに,一つずつ電子が増加しても最外側の同じ軌道に入るため,原子核の電荷が1単位ずつ増加してそれだけ強くひきつけられるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android