ランタニド収縮(読み)ランタニドしゅうしゅく(英語表記)lanthanide contraction

  • ランタニド収縮 lanthanide contraction

世界大百科事典 第2版の解説

ランタノイド(古くはランタニド元素と呼んだ)のイオン半径あるいは原子半径が,原子番号にしたがって減少する現象。同じような現象はアクチノイドでもみられ,これはアクチニド収縮と呼ばれる。一般に,原子あるいはイオンの大きさは最外側の核外電子の位置によって決まるが,たとえば原子半径では,一般的にいって周期表中の同じ族内では原子番号の増大とともに増加し,同じ周期内では原子番号の増大とともに減少している。これは同族内の元素の原子では,電子数が増加し,最外側電子はより外側の軌道に入るためであり,また同じ周期内の元素の原子では,原子番号の増大とともに,一つずつ電子が増加しても最外側の同じ軌道に入るため,原子核の電荷が1単位ずつ増加してそれだけ強くひきつけられるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android