コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ショッセ La Chaussée, Pierre-Claude Nivelle de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・ショッセ
La Chaussée, Pierre-Claude Nivelle de

[生]1692. パリ
[没]1754.3.14. パリ
フランスの劇作家。「催涙喜劇」comédie larmoyanteの創始者といわれる。喜劇的な要素に感傷的な情感を混入した作風はフランス特有のものであるが,イギリスやドイツにも影響を与えた。1733年に発表した処女作『偽りの反感』La Fausse Antipathieで大成功を収め,36年にはアカデミー・フランセーズ会員となった。代表作『流行の偏見』Le Préjugé à la mode (1735) ,『メラニード』Mélanide (41) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・ショッセ
らしょっせ
Pierre-Claude Nivelle de La Chausse
(1692―1754)

フランスの劇作家。パリ生まれ。17世紀にモリエールによって完成の域に達した喜劇の改革者。感傷的喜劇もしくはお涙頂戴(ちょうだい)喜劇comdie larmoyanteとよばれる、日常の家庭生活がはらむ道徳的な問題を主題にした作品を書いた。こうした傾向はのちに町民(市民)劇へと発展していくことになる。多くの作品を残したが、代表作は『メラニッド』Mlanide(1741)である。[原 好男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラ・ショッセの関連キーワードギュスターヴ ランソンラ・ショセルキーン市民劇

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android