リウィア(英語表記)Livia Drusilla

世界大百科事典 第2版の解説

リウィア【Livia Drusilla】

前58‐後29
ローマ皇帝アウグストゥスの后。最初の結婚でティベリウス(のちの皇帝)をもうけ,離婚ののち,前38年オクタウィアヌス(のちのアウグストゥス帝)と再婚した。彼女の美しさと聡明さのゆえに,夫帝の彼女に対する愛情と敬意は終生変わらぬものであったと伝えられる。夫帝の遺言でアウグスタAugusta(〈崇高なる女〉の意)の称号が与えられ,晩年にも息子のティベリウス帝に強い影響力を及ぼした。【本村 凌二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リウィア
りうぃあ
Livia Drusilla
(前58―後29)

古代ローマの貴婦人。アウグストゥスの妻。夫の死後ユリア・アウグスタIulia Augustaと改名した。最初ティベリウス・クラウディウス・ネロと結婚、2代皇帝ティベリウスと、ゲルマニクスの父ネロ・クラウディウス・ドルススNero Claudius Drusus(前38―前9)をもうけた。後者を妊娠中、オクタウィアヌス(後の皇帝アウグストゥス)と再婚し、その後の結婚生活は模範的なものとされる。アウグストゥスのすべての事業に協力し、後世の皇帝の妻の模範とされ、護民官の神聖不可侵権、夫の後見なしに財産を処分できる権利など数多くの栄誉を授けられた。夫の死後、遺言によりユリウス氏族の養女とされ、「アウグスタ」の称号を与えられた。アウグストゥスの後継者争いでは、息子のティベリウスを強力に支援し、一説には競争相手たちを暗殺したともいわれる。また、ティベリウスの時代には大きな影響力をもち、彼の過酷さに対して市民を保護したとも伝えられる。[島田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリウィアの言及

【アウグストゥス】より

…友人や同調者を選ぶ慧眼に恵まれていたが,後継者問題では,意中の人物に次々と先立たれたことによって心の痛手も深かったようである。結婚生活では3度目の妻リウィアを深く愛し53年間連れ添ったが,前妻との間に一人娘ユリアを得たのみで,子どもには恵まれず,このユリアも彼の晩年には不貞の評判で彼を悩ましつづけた。結局,リウィアの連れ子ティベリウスを養子として後継者に指名せざるを得なかった。…

※「リウィア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android