コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リエパヤ リエパヤ Liepāja

2件 の用語解説(リエパヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リエパヤ
リエパヤ
Liepāja

旧称リババ Libava (ロシア語) 。ラトビア西部の都市。首都リガの西南西約 200km,バルト海にのぞむ不凍港。 1253年に記録に現れ,1625年市となった。リガ,ダウガフピルスに次ぐラトビア第3の都市で,鉄鋼,農業機械リノリウム,食品 (食肉,酪農製品,水産物缶詰,砂糖,ビール) ,木材加工,マッチ,製靴などの工業が発展している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リエパヤ
りえぱや
Лиепая Liepaya

ラトビア共和国の都市。人口8万9439(2000)。首都リガ、ダウガフピルスに次ぐ同共和国第三の都市。市街地はバルト海とリエパヤ湖を分ける狭い地峡上に発達し、バルト海に不凍港をもつ。ドイツ語リバウLibau。1263年にチュートン騎士団が建設したが、のちにプロイセンスウェーデンロシアが支配を争った。運河(18世紀)、不凍港(19世紀後半)、鉄道の建設によって重要な工業都市となった。鉄鋼、農業機械、缶詰の工業が盛んで、海浜の保養地でもある。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リエパヤの関連キーワード露文オロシャリバウ労農ロシアテレビ テレビでロシア語ラジオ まいにちロシア語大ロシア語《アイヌ・ロシア語辞典》古ロシア語プロシア語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone