コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リキュウバイ Exochorda racemosa (Lindl.) Rehd.

世界大百科事典 第2版の解説

リキュウバイ【Exochorda racemosa (Lindl.) Rehd.】

花木として栽植されるバラ科の落葉小高木。ウメザキウツギともいう。高さ5mほどになり,小枝赤褐色。葉は狭倒卵形で長さ5cmあまり,葉縁は通常全縁,裏面は粉白となる。晩春に枝に頂生して総状花序を出し,5~10花をつける。花は白色で,円形に近い5枚の花弁を有し,径3~4cmとやや大きく美しい。おしべは20本前後と多く,目だつ。中国大陸中部原産で,耐寒性があり,中国や日本だけでなく欧米でも観賞用に栽植される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リキュウバイ
りきゅうばい / 利休梅
[学]Exochorda racemosa (Lindl.) Rehd.

バラ科の落葉低木。別名ウメザキウツギ、マルバヤナギザクラ。高さ2~4メートルで全体に毛がない。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形。長さ3~7センチメートル、先はやや丸く、上部の縁(へり)に少数の鈍い鋸歯(きょし)があり、裏面は粉白色を帯びる。4月、総状花序に白色一重、径3~4センチメートルの花を数個開く。花弁は広倒卵形で基部は急に狭くなり、雄しべは15~25本あってよく目だつが、花弁よりは短い。雌しべの花柱は5本。果実は5稜(りょう)があり、長さ約1センチメートルの(さくか)になる。中国中部原産で、明治末期に日本に渡来した。陽樹で、まれに庭木にする。繁殖は実生(みしょう)、挿木による。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リキュウバイの関連キーワード小林義雄花木

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リキュウバイの関連情報