リグ−ヴェーダ(英語表記)Ṛgveda

旺文社世界史事典 三訂版の解説

前13世紀ごろ北西インドから侵入し,パンジャーブ地方に定住したアーリア人が作った神々への讃歌
1028章よりなる。多くの自然現象を神格化し,特に雷神インドラを (いくさ) の神とあがめたものが多い。インド最古の文献として,当時の社会・言語宗教を知る貴重な史料

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android