コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リコプテラ リコプテラLycoptera

3件 の用語解説(リコプテラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リコプテラ
リコプテラ
Lycoptera

硬骨魚綱ニシンリコプテラ科の模式化石属。尾鰭の支持骨はわずかに拡張する程度で真の下尾軸骨の段階に達せず,全骨魚類から真骨魚類への移行型を示す原始的真骨魚類。中国東北地方ジュラ紀後期から白亜紀の地層に多産する淡水魚

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リコプテラ【Lycoptera】

硬骨魚綱条鰭(じようき)亜綱真骨上目リコプテラ科の絶滅淡水魚で,ユーラシア大陸のジュラ紀から白亜紀にかけての地層から産出している。数cmから10cm程度の小魚で,中国の各地で発見され,第2次世界大戦前はみやげ物として日本にもたくさん持ち帰られた。背びれとしりびれが,体の後方の尾びれの近くに相対して存在する。喉板や副蝶形骨歯などの原始的形質を持ち,北アメリカに分布するヒオドンHiodonに近縁である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リコプテラ
りこぷてら
[学]Lycoptera

硬骨魚綱真骨上目アロワナ亜区リコプテラ目リコプテラ属の魚類。アジア東部の中生代ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけての地層から化石が発見されている。真骨類でももっとも原始的な一群で、以前はニシン目やレプトレピス目に入れられていた。背びれが後方にあり臀(しり)びれの上方近くにあること、副蝶(ちょう)形骨に歯があり1個の喉板(こうばん)があること、尾部骨格が原始的で脊椎(せきつい)の後端が上向きになっていることなどが特徴である。近縁な現生のアロワナ目は世界各地の暖帯・熱帯の淡水に生息している。リコプテラ目と現生のヒオドン目はユーロレンシア型分布であるが、他のオステオグロッスム目魚類はゴンドワナ型分布である。中国からは約10種類のリコプテラが報告されている。[籔本美孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone