コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リズモア リズモア Lismore

3件 の用語解説(リズモアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リズモア
リズモア
Lismore

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州北東部の代表的な都市。リッチモンド川の河港として木材輸出で発展した。現在はバター生産をはじめベーコン,砂糖,繊維などの工業が発達。人口2万 4896 (1986) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リズモア(Lismore)

アイルランド南部、ウオーターフォード州の町。ブラックウオーター川沿いに位置する。7世紀創建のリズモア修道院に起源し、12世紀にジョン王が建てたリズモア城がある。物理学者ロバート=ボイルの生地。リスモア。リズモー。
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州北東部の都市。ブリスベーンの南約200キロメートル、リッチモンド川沿いに位置する。古くは木材の集積地として栄えた。現在は酪農が盛んで、チーズの産地として有名。リスモア。リズモー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リズモア
りずもあ
Lismore

オーストラリア東部、ニュー・サウス・ウェールズ州の都市。人口4万1883(2001)。ブリズベンの南約230キロメートル(道路距離)にあり、リッチモンド川流域の中心都市。農産物加工などの軽工業が発達し、とくにバター生産で知られる。名称はスコットランドの島名に由来。1845年入植、1946年市制施行。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リズモアの関連キーワードウォーターフォードウオーターウオーターフロントウオータードラゴンウオータービルウオーターフォード聖ピーターアイルランド教会セントピーターアイルランド教会レジナルドの塔リズモア城

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リズモアの関連情報