リヒター(Burton Richter)(読み)りひたー(英語表記)Burton Richter

  • 1931―2018

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの物理学者。ニューヨークに生まれる。マサチューセッツ工科大学(MIT)で物理学を学び、1952年に卒業、1956年同大で理学博士号を取得した。その後、スタンフォード高エネルギー物理学研究所に入所、1963年スタンフォード線形加速器研究所(SLAC:Stanford Linear Accelerator Center)に移り、1967年にはスタンフォード大学教授となった。1984年にSLACの所長に就任している。1975年にジュネーブのヨーロッパ原子核研究機構(CERN(セルン))に行き、1年間研究した。

 MIT在学時代には加速器サイクロトロンを用いて水銀のアイソトープの同位体交換や微細構造を研究した。やがて、素粒子物理学に興味を抱き、スタンフォード高エネルギー物理学研究所でγ(ガンマ)線による電子・陽電子対の研究を行った。その後、SLACにおいて高エネルギー電子・陽電子衝突装置(SPEAR:Stanford Positron Electron Asymmetric Ring)を設計、建設し、素粒子の研究を続けた。1974年に新種の重い素粒子を発見、ψ(プサイ)粒子と名づけたが、この粒子は4番目のクォークであるチャームクォークの存在を実験的に証明するものであった。ほぼ同時にティンが同じ粒子を発見してJ粒子と名づけていたため、のちにJ/ψ粒子とよばれた。「新種の重い粒子(J/ψ粒子)の発見」により、1976年ティンとともにノーベル物理学賞を受賞した。

[編集部 2018年8月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android