コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リベラルアーツ liberal arts

翻訳|liberal arts

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リベラルアーツ

古代ギリシャに起源を持ち、自由7科(文法修辞論理算術幾何天文、音楽)を基本とする「人を自由にする学問」を意味する。日本では「教養」と訳されることが多い。専門教育の準備段階としての一般教養科目と区別するため、最近はリベラルアーツを看板に掲げる大学が増えている。

(2017-01-19 朝日新聞 朝刊 愛知・地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

リベラルアーツ

一般教養科目。通常は人文科学社会科学、自然科学系を指し、米国カナダの大学では、一~二年次にこれらの科目を平均的に受講し、広い一般的知識を身に着ける。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

リベラルアーツ【liberal arts】

職業や専門に直接結びつかない教養。また、そのための普通教育。 → 自由学芸
大学における一般教養。教養課程。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

リベラルアーツの関連キーワードliberal arts collegeDormitory国際基督教大学開智国際大学桜美林大学大住真梨子大崎麻子自由学芸普通教育玉川大学七自由科LAC職業専門

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リベラルアーツの関連情報