リベラルアーツ(英語表記)liberal arts

翻訳|liberal arts

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リベラルアーツ

古代ギリシャに起源を持ち、自由7科(文法修辞論理算術幾何天文、音楽)を基本とする「人を自由にする学問」を意味する。日本では「教養」と訳されることが多い。専門教育の準備段階としての一般教養科目と区別するため、最近はリベラルアーツを看板に掲げる大学が増えている。

(2017-01-19 朝日新聞 朝刊 愛知・地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

リベラルアーツ

一般教養科目。通常は人文科学社会科学、自然科学系を指し、米国カナダの大学では、一~二年次にこれらの科目を平均的に受講し、広い一般的知識を身に着ける。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

リベラルアーツ【liberal arts】

職業や専門に直接結びつかない教養。また、そのための普通教育。 → 自由学芸
大学における一般教養。教養課程。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

リベラル‐アーツ

〘名〙 (liberal arts)
職業に直接関係のない学問、芸術のこと。実用的な目的から離れた純粋な教養。
※詩辨(1891)〈内田魯庵〉「吾人能く之を解すると怠るとに由りて或は心芸(リベラル、アーツ)ともなり或は器械術(メカニカル、トレード)ともなる」
専門に分かれる前の一般教養。大学の教養課程。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リベラルアーツの関連情報