コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リミックス リミックス remix

翻訳|remix

3件 の用語解説(リミックスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リミックス(remix)

レコード制作で、完成された曲を、さらにミキシングし直して、別のバージョンにする作業。また、別バージョンとなった曲をさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リミックス【remix】

すでに発売されている楽曲の録音素材を再編集して別の観点からその曲を再構築すること。また、その曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リミックス
りみっくす
remix

録音された楽曲を素材としてさまざまな音響操作を加え、新たな音楽に再構成すること。一般にマルチトラックテープ(複数の独立した録音トラックを持つテープ)に録音された各々のパートに対してミキシング処理(他のサウンドを混ぜること)、イコライジング(特定の周波数を強調または低減させること)、ミュート(特定のパートの音量を下げること)、エフェクト(サウンドの遅延や残響、歪みなどの特殊効果)を加え、あるいは新たな素材を加えたり減らしたりして、元の楽曲とは別のサウンドをもつ新たな楽曲を作成する作業を指す。
 リミックスの起源はレコード・ビジネスのマーケティングに基づき、シングル/アルバムによって、あるいはリリースされる国や地域の微妙な嗜好の違いによって、ミックス・バランスを微妙に変えてレコードを発売していたことに発する。やがてディスコ文化の発達に伴い、ダンス・フロア向けにビートを強調し、楽曲の長さを延長してリミックスされたシングル(それまでの7インチのEPシングル盤に対し、LPレコードと同じ大きさの12インチ盤でリリースされた)が1970年代初頭に出現し、DJ向けのプロモーション用途を中心に広まり始める。80年代に入るとDJ自身がリミックスを行うことが普通になり、また既成のレコードを用いて新たな音楽を生み出すヒップ・ホップの方法論が広まったこともあって、リミックスという手法は一般化する。
 その後リミックスは、ポップ・ミュージックにおける基本的な差異生産のメソッドとして用いられている。シングル盤には一つの楽曲の複数のリミックスが含まれていることは珍しくない。一つの楽曲に対して複数のリミックスが存在する状況は、これまで確固として保証されていた、音楽における「曲の同一性」と「作者性」の存立基盤を揺るがす一因ともなっている。[増田 聡]
『椹木野衣著『増補版 シミュレーショニズム――ハウス・ミュージックと盗用芸術』(ちくま学芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リミックスの関連キーワードデモテープトラックダウンバッケンレコードレコーディングレコードコンサートレコードホルダー長時間レコードモノラルレコードレコードタイムレコードライブラリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リミックスの関連情報