コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュコフロン リュコフロンLykophrōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュコフロン
Lykophrōn

前3世紀のギリシアの詩人。エウボイアのカルキス生れ。プトレマイオス2世フィラデルフォス王の招きを受けてアレクサンドリア図書館の喜劇選定係をつとめた。現存するのは 1474行のイアンボス詩『アレクサンドラ』 Alexandraで,トロイの王女カッサンドラ (アレクサンドラ) の予言をプリアモス王に報告する奴隷の独白だけから成る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リュコフロン

エウボイア島出身のギリシアの詩人。アレクサンドリア図書館の司書を務め,多数の悲劇を書いたが,唯一の現存する《アレクサンドラ》は難解さで有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リュコフロン【Lykophrōn】

前320ころ‐?
ギリシアの悲劇詩人,文法学者。エウボイア島のカルキスに生まれた。オウィディウスによれば,矢に当たって死んだという。当時のもっとも優れた7人の悲劇詩人(プレイアデス)の一人。エレトリアの哲学者メネデモスMenedēmosに学び,アレクサンドリアの王立図書館で喜劇作品の整理に携わった。64(または46)編の作品と《喜劇論》と題する論文があったと伝えられる。メネデモスを揶揄(やゆ)したサテュロス劇の断片と,イアンボス調の1474行の詩《アレクサンドラ》が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リュコフロンの関連キーワードエウボイア[島]ゼノドトス

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android