コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュデリッツ リュデリッツ Lüderitz

3件 の用語解説(リュデリッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュデリッツ
リュデリッツ
Lüderitz

旧称アングラペクェナ Angra Pequena。ナミビア南西部の町。大西洋に面するリュデリッツ湾奥に位置。 1487年ポルトガル人 B.ディアスが上陸,1883年ドイツの商人 F.リュデリッツが交易所を建設し,翌年ドイツ保護領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リュデリッツ(Lüderitz)

ナミビア南西部、大西洋岸の港町。20世紀初頭にダイヤモンドの鉱脈が発見されて栄えた。名称は植民地の基礎を築いたドイツ商人アドルフ=リュデリッツに由来する。リューデリッツ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュデリッツ
りゅでりっつ
Lderitz

アフリカ南西部、ナミビア南西部の大西洋に面する港町。人口7000(1999)。漁業や缶詰工業と、1909年付近で鉱脈が発見されておこったダイヤモンド鉱業が盛んである。旧称はアングラ・ペケナで、1486年初めて上陸したポルトガル人航海者B・ディアスが命名。現称は、1883年に同地を探検し、南西アフリカ(現ナミビア)がドイツ領となる契機をつくったブレーメンの商人A・リュデリッツにちなむ。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュデリッツの関連キーワードクウェクウェアングラ演劇アングラ経済アングラマネートラペンラペルアングラーアングラマイニュキャンパススクェアクェッチ熔岩

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone