リレーションシップ・マーケティング(読み)りれーしょんしっぷ・まーけてぃんぐ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

リレーションシップ・マーケティング

既存顧客と良好な関係を維持することで、長期的なリピート購買を確保しようというマーケティング。 既存顧客のうち、自社商品・サービスにロイヤルティの高い顧客(愛用者)に焦点を絞って、満足度を高め続けるよう働き掛けていく。 特に成熟市場においては、顧客の新規獲得が困難でコスト高であることから、リレーションシップ・マーケティングによる深耕開拓に重点が置かれてきている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

知恵蔵の解説

リレーションシップ・マーケティング

顧客、流通業者、供給業者、社内組織(職能部門、従業員等)、あるいはその他の当事者との間に、長期的かつ信頼に基づく関係的取引構築、維持、発展させるためのマーケティング活動。つまりマーケティングを、社内及び社外における様々な関係性の管理の問題として捉えよう、とする考え方。このような発想は1980年代以降、盛んにいわれるようになってきた。顧客ロイヤルティベースにした長期的取引関係、顧客や取引業者間の関係をサポートする情報技術ネットワークの構築、技術提携などの企業間連携の活発化などは、短期的で個別的な取引を容認しつつも長期的な関係をベースにしたリレーションシップ・マーケティングの発現形態といえる。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

DBM用語辞典の解説

リレーションシップ・マーケティング【Relationship Marketing】

顧客関係マーケティング。リレーションシップは、関係、関連、間柄、関係、折り合い、血縁(親族)関係、血のつながりの意味がある。20年前、データベース・マーケティングという言葉が登場し、直後に別人によって唱えられた言葉。売り手側が買い手側と親密になるようにマーケティングを促進すべきであるとする主張。顧客のニーズ(購入商品分析)に焦点を当てるのではなく、顧客との関係強化、忠誠度(ロイヤルティ)の獲得に中心をおくことをコンセプトにしたマーケティング。単に商品を売ることに目的があるのではなく、継続取引、その結果としてのライフタイム・バリューの最大獲得に目的がある。データベース・マーケティングと同義語

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android