コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンター linter

翻訳|linter

2件 の用語解説(リンターの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

リンター【linter】

綿繰り機で長い繊維を取ったあとの種子に残っている短い繊維。溶解して人絹・セルロイドなどの原料とする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リンター【linter】

種子のついた綿花は実綿(じつめん)と呼ばれるが,実綿を綿繰機にかけると,綿花または原綿と呼ばれる長繊維(リント)が種子から分離される。この種子には短い繊維が残っており,これがコットンリンター,略してリンターと呼ばれる。リンターのついた種子は,綿繰機と同じ構造のリンター採取機にかけられ,長さ3mm以下のリンターが採取される。リンターは長繊維の約6~10%くらいとれる。リンターは短すぎて繊維としては使えないが,その成分は綿花と同じ高純度のセルロースからできている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリンターの言及

【ワタ(棉∥綿)】より

…綿毛を分離した種子は地毛除去機にかけられる。種子から分離した地毛はリンターlinterと呼ばれ,第1回目に分離したものは包帯,織物,詰物,クッションなどに使われる。ワタはまたセルロース原料としても重要で,この目的には第2回目に分離した地毛があてられ,綿火薬,レーヨン,セルロイドフィルムなどの製造に用いられる。…

【ワタ(棉∥綿)】より

…綿毛を分離した種子は地毛除去機にかけられる。種子から分離した地毛はリンターlinterと呼ばれ,第1回目に分離したものは包帯,織物,詰物,クッションなどに使われる。ワタはまたセルロース原料としても重要で,この目的には第2回目に分離した地毛があてられ,綿火薬,レーヨン,セルロイドフィルムなどの製造に用いられる。…

※「リンター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リンターの関連情報