コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンド リンド Lind, James

4件 の用語解説(リンドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンド
リンド
Lind, James

[生]1716. エディンバラ
[没]1794.7.13. ハンプシャーゴスポート
イギリスの医師。イギリスの海軍衛生学の父といわれる。 1739年,イギリス海軍の軍医となり,48年エディンバラ大学で学位取得。 58年以降はゴスポートにあるハスラー海軍病院に勤めた。当時イギリス海兵の間に壊血病が蔓延,多くの死者を出しているのをみて 54年に壊血病に関する論文を発表し,海兵の食事にかんきつ類の生ジュースを含めることを提唱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リンド
リンド
Lynd, Robert

[生]1879.4.20. ベルファスト
[没]1949.10.6. ロンドン
イギリスの随筆家,ジャーナリスト。ロンドンに出て『ニューズ・クロニクル』紙の文芸部長となり,また Y.Y.の筆名で雑誌『ニュー・ステーツマン』に随筆を寄稿,C.ラムの伝統を受継ぐ随筆家として名をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リンド
リンド
Lynd, Robert Staughton

[生]1892.9.26. インディアナニューオールバニ
[没]1970.11.1. ウォーレン
アメリカの社会学者。機能主義を代表する社会学への貢献と,文化人類学的手法の都市社会への適用によって知られるが,同時に社会構造分析の基礎に階級,階層を据えたことでも注目されている。夫人 Helen (旧姓 Merrell) との共同の労作である『ミドルタウン』 Middletown (1929) ,『変貌のミドルタウン』 Middletown in Transition (37) は,自己の参与観察に基づいて都市住民の全生活過程をその生活様式においてとらえ,都市社会を全体的に分析し,古典的著作となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リンド

英国の随筆家。北アイルランド生れ。《ニュー・ステーツマン》誌にA.A.の署名で寄稿。《あれこれの書》(1915年)ほか多くの随筆集がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リンドの関連キーワードインディアンディアナインディアインディアナインディアナ兵士水兵記念塔インディアナポリス500マイルレースインディア・ソングインディアナポリス交響楽団ボンディアインディアナ[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone