コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン鉱 りんこうphosphate

翻訳|phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン鉱
りんこう
phosphate

リン鉱岩ともいう。リンの鉱床となる堆積岩起源の鉱石の通称。普通,五酸化リンを 25%以上含むものはリン鉱石として採掘される。岩石全体がリン鉱石になるようなものはフォスフォライト phosphoriteという。リン鉱は微細なリン灰石を多量に含む堆積岩で,海水中のリンが沈殿して堆積岩の空隙を満たしてできる。低緯度地域の大陸西海岸に沿った冷水と温水が混る地域や内陸海の赤道側などにある。フォスフォライトの厚さは1~3mで,1000km2に及ぶものがある。リン資源としては,この堆積性リン鉱が 75%以上,火成鉱床のリン灰石が 20%弱,グアノが5%ぐらいとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リン鉱の関連キーワードフランクリン鉱(データノート)チウリンシャン(九嶺山)山脈沖縄県島尻郡北大東村グルートフォンテーンサハラアトラス山脈過リン(燐)酸石灰焼成リン(燐)肥ハバロフスク地方アンガウル[島]ボスクレセンスクオーシャン[島]デ・ロバートユースフィアカオリナイト重過燐酸石灰サファーキス無機工業薬品ラグーレットペリリュー島カサブランカ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android