コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン鉱 りんこうphosphate

翻訳|phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン鉱
りんこう
phosphate

リン鉱岩ともいう。リンの鉱床となる堆積岩起源の鉱石の通称。普通,五酸化リンを 25%以上含むものはリン鉱石として採掘される。岩石全体がリン鉱石になるようなものはフォスフォライト phosphoriteという。リン鉱は微細なリン灰石を多量に含む堆積岩で,海水中のリンが沈殿して堆積岩の空隙を満たしてできる。低緯度地域の大陸西海岸に沿った冷水と温水が混る地域や内陸海の赤道側などにある。フォスフォライトの厚さは1~3mで,1000km2に及ぶものがある。リン資源としては,この堆積性リン鉱が 75%以上,火成鉱床のリン灰石が 20%弱,グアノが5%ぐらいとみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リン鉱の関連キーワードフランクリン鉱(データノート)チウリンシャン(九嶺山)山脈グルートフォンテーン沖縄県島尻郡北大東村過リン(燐)酸石灰サハラアトラス山脈オーシャン[島]アンガウル[島]焼成リン(燐)肥ボスクレセンスクハバロフスク地方デ・ロバートユースフィアマラケシュ州無機工業薬品カサブランカカオリナイトサファーキスペリリュー島重過燐酸石灰

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android