コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン鉱(読み)りんこう(英語表記)phosphate

翻訳|phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン鉱
りんこう
phosphate

リン鉱岩ともいう。リンの鉱床となる堆積岩起源の鉱石の通称。普通,五酸化リンを 25%以上含むものはリン鉱石として採掘される。岩石全体がリン鉱石になるようなものはフォスフォライト phosphoriteという。リン鉱は微細なリン灰石を多量に含む堆積岩で,海水中のリンが沈殿して堆積岩の空隙を満たしてできる。低緯度地域の大陸西海岸に沿った冷水と温水が混る地域や内陸海の赤道側などにある。フォスフォライトの厚さは1~3mで,1000km2に及ぶものがある。リン資源としては,この堆積性リン鉱が 75%以上,火成鉱床のリン灰石が 20%弱,グアノが5%ぐらいとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android