コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーン・スタートアップ リーン スタートアップ

人事労務用語辞典の解説

リーン・スタートアップ

「リーン・スタートアップ」(lean startup)とは、アメリカの起業家エリック・リース氏が2008年に提唱した、起業や新規事業などの立ち上げ(スタートアップ)のためのマネジメント手法のことです。リーンとは日本語で「ムダがなく効率的」という意味で、「かんばん方式」で知られるトヨタ生産方式を他分野に応用できるよう再体系化・一般化した「リーン生産方式」に由来します。リーン・スタートアップは、事業家の思い込みで顧客にとって無価値な製品やサービスを開発してしまうことに伴う、時間、労力、資源、情熱のムダをなくすための方法論。最低限のコストと短いサイクルで仮説の構築と検証を繰り返しながら、市場やユーザーのニーズを探り当てていくのが特徴です。
(2012/11/26掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

リーン・スタートアップの関連キーワードリーンスタートアップリーン炭三菱MCA-JET(G11B)私を頼りにリーン・オンアビルドセンポール ギルバートビリー シーンパット トーピーエリック マーティン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リーン・スタートアップの関連情報