コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リー・クワンユー リークワンユー

百科事典マイペディアの解説

リー・クワンユー

シンガポールの政治家。〈建国の父〉とされる。漢字では李光輝。広東省からの移民4世で,現地のラッフルズ・カレッジ,英国のケンブリッジ大学を卒業後,シンガポールに戻り弁護士として活躍。1954年人民行動党を結成し独立運動を指導,1959年自治権獲得とともに自治政府首相に就任。1965年8月シンガポールのマレーシアからの分離独立に伴い,首相となる。強烈な個性と指導力により,工業化を推進して先進工業国に発展させ,華人,マレー人,インド人などを平等に扱いつつ,英語教育による国民統合を進めた。その反面,公共の利益に反したり,秩序を乱したりすると政府が判断した報道を差し止められる法律をつくり,言論や集会の自由を制限,政敵を名誉毀損訴訟など法的手段に訴え野党の伸長を抑え込んだ。さらにごみの投げ捨てや喫煙など生活の細部まで規制する権威主義的な徹底した管理統治は西欧社会から批判されたが,短期間に多民族・多宗教のシンガポール社会で安定的な近代国家を形成した政治手腕は,のちに西欧諸国からも高く評価されるようになった。1990年11月首相の座を後継者のゴー・チョクトンに譲り,上級国務相に就任。2004年,シンガポール内閣顧問。2011年,閣僚ポストから退くことを表明した。
→関連項目マーライオン像

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リー・クワンユーの関連情報