コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイス酸 ルイスさんLewis acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイス酸
ルイスさん
Lewis acid

1923年 G.N.ルイスによって定義づけられた。ルイスによれば酸とは電子対を収容しうる空の軌道をもつ原子を含むもの,塩基とは非共有電子対 (共有結合に使われていない電子対) をもつものと定義された。たとえば,図中の H+,Ag+ は電子対の受容体である酸であり,NH3 は電子対の供与体である塩基 (ルイス塩基 ) である。したがって酸,塩基の中和反応は共有結合形成の反応ともいえる。ブレンステッド=ローリーの定義と比較してルイスの定義の特色は,酸の定義を水素を含まぬ酸にも拡大して適用できること,プロトンや溶媒の存在にこだわらず化学反応の大部分を酸塩基反応として分類できることである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のルイス酸の言及

【元素】より

…クラス(b)の金属イオン N≪P>As>Sb,O≪S~Se~Te,F<Cl<Br<I。クラス(a)のような金属イオン(ルイス酸)を硬い酸,クラス(b)のような金属イオンを軟らかい酸と呼ぶ。また,硬い酸と安定な錯体をつくりやすいN,O,Fなどを配位原子とする化合物(ルイス塩基)を硬い塩基,軟らかい酸と安定な錯体をつくりやすいP,S,Iなどを配位原子とする化合物を軟らかい塩基という。…

【錯体】より

…ふつうの錯体(ウェルナー錯体という)においては配位原子は孤立電子対で中心原子に配位結合で結合している。したがってG.N.ルイスの酸・塩基の定義により,中心原子はルイス酸であり,配位子はルイス塩基である。このような錯体をウェルナー錯体とよぶ。…

※「ルイス酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルイス酸の関連キーワードワーグナー=メールワイン転位フリーデル‐クラフツ反応フリーデル=クラフツ反応オキソニウム化合物有機ハロゲン化物シアノエチル化電子不足化合物ベックマン転位シクロプロパンブレンステッドフリース反応アルキル化メントール孤立電子対イオン重合ハロゲン化アセチル化四塩化炭素求電子反応ローリー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルイス酸の関連情報