コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイヨウボタン Caulophyllum thalictroides ssp. robustum (Maxim.) Kitam.

2件 の用語解説(ルイヨウボタンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルイヨウボタン【Caulophyllum thalictroides ssp. robustum (Maxim.) Kitam.】

葉がボタンの葉に似ることから,ルイヨウボタン(類葉牡丹)の名がある(イラスト)。深山の比較的暗く湿った所に生育するメギ科の多年草。高さ40~70cmで,無毛。基部に数枚の鱗片葉をつける。葉は2枚で互生し,下の葉は3回3出複葉,上の葉は2回3出複葉。茎の先端と,上部の葉腋(ようえき)から花序がでる。花はめだたない黄緑色。萼片は通常9枚で,内側の6枚は花弁状に大きくなっている。花弁は極端に小さく蜜腺状になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイヨウボタン
るいようぼたん / 類葉牡丹
[学]Caulophyllum robustum Maxim.

メギ科の多年草。根茎は太く、横にはう。地上茎は40~70センチメートルで粉白色を帯びる。葉は普通、茎上部に2枚互生し、2、3回3出複葉で柄はごく短い。小葉は長楕円(ちょうだえん)形で先は2、3裂し、頂小葉は有柄、側小葉は無柄。4~6月、径約1センチメートルの緑黄色花を十数個、集散状に頂生または腋生(えきせい)する。花弁は6枚、外側の萼片(がくへん)は3~6枚、花期には落ちる。内側の萼片は6枚。小さく蜜腺(みつせん)がある。種子は1個の花に2個ずつでき、球形で径約8ミリメートル、青く液果状。深山の温帯林下に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、ウスリーに分布する。名は、葉がボタンに似るという意味である。[鈴木和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルイヨウボタンの関連情報