コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイヨウボタン Caulophyllum thalictroides ssp. robustum (Maxim.) Kitam.

2件 の用語解説(ルイヨウボタンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルイヨウボタン【Caulophyllum thalictroides ssp. robustum (Maxim.) Kitam.】

葉がボタンの葉に似ることから,ルイヨウボタン(類葉牡丹)の名がある(イラスト)。深山の比較的暗く湿った所に生育するメギ科の多年草。高さ40~70cmで,無毛。基部に数枚の鱗片葉をつける。葉は2枚で互生し,下の葉は3回3出複葉,上の葉は2回3出複葉。茎の先端と,上部の葉腋(ようえき)から花序がでる。花はめだたない黄緑色。萼片は通常9枚で,内側の6枚は花弁状に大きくなっている。花弁は極端に小さく蜜腺状になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイヨウボタン
るいようぼたん / 類葉牡丹
[学]Caulophyllum robustum Maxim.

メギ科の多年草。根茎は太く、横にはう。地上茎は40~70センチメートルで粉白色を帯びる。葉は普通、茎上部に2枚互生し、2、3回3出複葉で柄はごく短い。小葉は長楕円(ちょうだえん)形で先は2、3裂し、頂小葉は有柄、側小葉は無柄。4~6月、径約1センチメートルの緑黄色花を十数個、集散状に頂生または腋生(えきせい)する。花弁は6枚、外側の萼片(がくへん)は3~6枚、花期には落ちる。内側の萼片は6枚。小さく蜜腺(みつせん)がある。種子は1個の花に2個ずつでき、球形で径約8ミリメートル、青く液果状。深山の温帯林下に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、ウスリーに分布する。名は、葉がボタンに似るという意味である。[鈴木和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルイヨウボタンの関連キーワード隠しボタン杏葉牡丹草牡丹笹身鼓ボタン牡丹卵類葉類葉牡丹押ボタンボタンの掛け違い

ルイヨウボタンの関連情報