コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルウェンゾリ山地国立公園 ルウェンゾリサンチコクリツコウエン

2件 の用語解説(ルウェンゾリ山地国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ルウェンゾリさんち‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ルウェンゾリ山地国立公園】

Rwenzori Mountains National Parkウガンダ国立公園コンゴ民主共和国との国境付近に広がり、ルウェンゾリ山地最高峰マルゲリータ山、山麓のアルバート湖などを擁する。赤道直下にもかかわらず、山頂一帯は雪と氷河で覆われる。1994年、世界遺産自然遺産)に登録。1999年には内戦の影響による管理の不備などを理由に危機遺産リストに登録されたが、2004年に解除された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ルウェンゾリさんちこくりつこうえん【ルウェンゾリ山地国立公園】

1994年に登録されたウガンダの世界遺産(自然遺産)で、同国西部のコンゴ民主共和国との国境付近に位置する。面積は996km2。マルゲリータ山(標高5109m)を中心とする山岳地帯で、赤道直下にありながら頂は万年雪と氷河に覆われ、アルバート湖エドワード湖などが点在する。植生は豊かで多種にわたり、動物は木登りライオン、アカスイギュウなど珍獣も生息する。これらの環境が評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はRwenzori Mountains National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルウェンゾリ山地国立公園の関連キーワードスルツエイヘンダーソン島ティヤ自然遺産ツォディロルスト世界遺産暫定リスト世界遺産登録カスビのブガンダ王国歴代国王の墓シエナ歴史地区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone