コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルガノ ルガノ Lugano

4件 の用語解説(ルガノの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ルガノ(Lugano)

スイス南部、ティチーノ州の都市。ルガノ湖北西岸に位置する観光保養地。サンロレンツォ教会サンタマリアデッリアンジオーリ教会をはじめ、イタリアの影響を受けた歴史的建造物が多い。ルガーノ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルガノ

スイス南部の都市。ルガノ湖北岸の観光地。チョコレート,絹織物の製造が行われるロマネスクの壁画や後期ゴシックフレスコ画をのこすサン・ロレンツォ教会がある。1512年スイス領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルガノ【Lugano】

スイス南部,ルガノ湖北岸に位置する観光・保養地。人口2万6000(1990)。16世紀初頭スイスの膨張時代に獲得された共同支配地で,現在ティチノ州(カントン)に属する。イタリア語圏でイタリア風の市街を形成しており,スイス内でイタリア的雰囲気に浸れる。11~12世紀に建設された塔をもつサン・ロレンツォ教会,B.ルイーニのフレスコ画のあるサンタ・マリア・デリ・アンジョリ教会がある。【森田 安一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルガノ
るがの
Lugano

スイス中南部、ティチーノ州の観光都市。人口2万5919(2001)は州都ベリンツォーナをしのぎ州最大。ルガノ湖北西岸を占め、気候温和、眺望に優れ、通年外国から観光客を集める。住民の大部分はイタリア語を話す。サン・ロレンツォ大聖堂(818古文書にみえ、13~14世紀改修)、サンタ・マリア・デッリ・アンジオーリ教会(1490創設)、町並みなどにイタリア文化の影響が残る。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルガノの関連キーワードエクスレバンポルトアレグレ三ヶ日ムーラロカルノアスコーナイスラムヘーレスウィンダミアミューレンルガノ湖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルガノの関連情報