コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルキウス3世 ルキウスさんせいLucius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルキウス3世
ルキウスさんせい
Lucius III

[生]1097頃.ルッカ
[没]1185.11.25. ベロナ
教皇 (在位 1181~85) 。シトー会士。本名 Ubaldo Allucingoli。 1141年枢機卿,59年オスチア司教となった。ローマの自治を求める共和国勢力のためローマにとどまれず,84年ベロナで教会会議を開き,神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世 (赤髯王) と協力してカタリ派などの異端に対する十字軍を決定。中世の宗教裁判の先鞭をつけた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルキウス3世の関連キーワードウルバヌス3世ワルドー派ヨアキム謙遜者団

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android