コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルキウス3世 ルキウスさんせい Lucius III

1件 の用語解説(ルキウス3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルキウス3世
ルキウスさんせい
Lucius III

[生]1097頃.ルッカ
[没]1185.11.25. ベロナ
教皇 (在位 1181~85) 。シトー会士。本名 Ubaldo Allucingoli。 1141年枢機卿,59年オスチア司教となった。ローマの自治を求める共和国勢力のためローマにとどまれず,84年ベロナで教会会議を開き,神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世 (赤髯王) と協力してカタリ派などの異端に対する十字軍を決定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルキウス3世の関連キーワードモルッカ諸島するっとつるっ禿没・歿勃・歿・没ルックスクルップ砲ブルッカイトLUCCA名谷メッカ(マッカ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone