コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルフォール Gertrud von Le Fort

大辞林 第三版の解説

ルフォール【Gertrud von Le Fort】

1876~1971) ドイツの女流小説家。カトリック作家。代表作「断頭台の最後の女」「ベロニカのハンカチ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルフォール
るふぉーる
Claude Lefort
(1924―2010)

フランスの哲学者。パリに生まれる。パリのリセ・カルノーで教師をしていたメルロ・ポンティと出会い、彼の弟子となる。1949年、哲学教授資格を取得。ブラジルのサン・パウロ大学で客員教授を務めた後フランスに戻り、1954年よりソルボンヌ(パリ大学)で助手・講師。カーン大学教授を経て、1976年から1990年まで社会科学高等研究院教授。その後はレイモン・アロン政治学研究所で研究活動に従事。
 第二次世界大戦直後にソ連の全体主義的傾向を指摘するなど、いちはやく社会主義国の官僚主義や全体主義の分析、批判を行うとともに、人権思想の再検討、民主主義概念の構築に取り組む。『レ・タン・モデルヌ』誌の協力者であったが、スターリニズムの評価をめぐりサルトルと対立し、決別する。コルネリウス・カストリアディスCornelius Castoriadis(1922―1997)とともに雑誌『社会主義か野蛮か』Socialisme ou barbarieを創刊(1948)したほか、『エスプリ』『ヨーロッパ社会科学評論』Revue europenne des sciences socialesなど多くの雑誌に関与、アルジェリア戦争、五月革命をはじめとするフランス内外の政治・社会問題について活発な言論活動を展開する。1972年、ライフワークともいえる浩瀚(こうかん)な『マキャベッリ論』Le travail de l'uvre Machiavelを上梓(じょうし)する。このほか、『余分な人間』Un homme en trop(1976)ではソルジェニツィンの『収容所群島』を分析、『エクリール』crire(1992)ではマルクス主義以後の政治と文学の関係の解明を試みる。師であるメルロ・ポンティの遺稿の編集者としても著名であり、『見えるものと見えないもの』Le visible et l'invisible(1964)や『世界の散文』La prose du monde(1969)などを編集している。ラシュディ事件(1988年にサルマン・ラシュディSalman Rushdie(1947― )が発表した小説『悪魔の詩』The Satanic Versesがコーランを冒涜(ぼうとく)しているとされ、イランのホメイニによって死刑を宣告されたラシュディは地下に潜行した)では「サルマン・ラシュディ擁護フランス委員会」の会長を務めた。
 近代民主主義革命を、君主の身体のうちに統一、具現されていた権力、法、知の3領域の分離あるいは自律、宗教的権威などの「確信の指標」の消失による権力の象徴化あるいは非実体化とみる立場は、市民革命をブルジョア革命とするマルクス主義的な民主主義解釈と鋭く対立する。民主主義の本質は権力の空虚な場所を占めるための複数の党派間の競争にあるとし、権力の担い手の定期的な更新(のルール)を制度化することの必要性を説く。精神分析的社会理論、ラディカル・デモクラシー論(シャンタル・ムフChantal Mouffe(1943― )らを代表とする、多元的でリベラルな社会の実現を目ざす運動。社会的敵対関係の還元不可能性を前提としたうえで、その無害化を図る)などに大きな影響を与えた。[澤里岳史]
『宇京頼三訳『余分な人間――「収容所群島」をめぐる考察』(1991・未来社) ▽宇京頼三訳『エクリール――政治的なるものに耐えて』(1995・法政大学出版局) ▽M・メルロ=ポンティ著、滝浦静雄・木田元訳『世界の散文』(1979・みすず書房) ▽M・メルロ=ポンティ著、滝浦静雄・木田元訳『見えるものと見えないもの』(1989・みすず書房) ▽ヤニス・スタヴラカキス著、有賀誠訳『ラカンと政治的なもの』(2003・吉夏社) ▽Hugues Poltier Claude Lefort(1997, Michalon, Paris)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ルフォールの関連キーワードジャン・ピエール シュベーヌマンオリヴィエ シェーンフェルダーエドモン・I.É. ノカールダンフェール=ロシュローロバート キャントウェルL.ルイス ドゥーベルアルザス・ロレーヌ問題アルザス・ロレーヌ問題アウトオブポジションモンテ・クリスト伯ベルフォール特別区フランシュ・コンテフランシュ・コンテソルジェニツィンルイ ペルゴージャン トッドアモリ ルボーシュベーヌマンベルフォールブラバント州

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルフォールの関連情報