コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリガイ(英語表記)Janthina globosa; violet snail; globe sea snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリガイ
Janthina globosa; violet snail; globe sea snail

軟体動物門腹足綱アサガオガイ科。浮遊性巻貝。殻高 4cm,殻径 3.5cm。殻は薄質,球状で,螺層はよくふくらみ丸い。殻口は広く,外唇の中央が多少くの字状に湾入する。アサガオガイに似るが,殻が球状で全体が青紫色であることで,殻高が低く上半分が蒼白色のアサガオガイと区別できる。軟体は青く,足から浮嚢を分泌して筏 (いかだ) 状のものをつくり,これによって海上を浮遊 (群泳) し,ギンカクラゲ類を食べる。雄性先熟の性転換を行う。卵嚢は浮嚢の下面に産みつけられる。世界の温帯・熱帯海域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルリガイ

アサガオガイ科の浮遊性巻貝。高さ4cm,幅3.5cm。殻は青紫色で,カツオノカンムリカツオノエボシ等のポリプを食べる。浮くために足から泡(あわ)状の浮嚢を分泌し,その下に卵嚢を産みつける。世界の熱・温帯の海に広く分布。海流に乗って群泳し,ときに日本近海にも及び,海岸へ多数打ち上げられることもある。近縁種に小型のアサガオガイなど。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルリガイ
るりがい / 瑠璃貝
violet snailpurple sea snail
[学]Violetta globosa

軟体動物門腹足綱アサガオガイ科の巻き貝。浮遊性の種で、世界の温熱帯海域に広く分布する。殻高40ミリ、殻径35ミリに達し球状。殻は薄くてもろく、淡紫色で螺塔(らとう)は小さく四階。殻口は広くて外唇は中央が多少「く」の字形にくぼむ。浅い切れ込みがある。ギンカクラゲ類を食べ、軟体は青色で足から浮嚢(ふのう)を分泌し、卵嚢は浮嚢の下に産む。ときに海岸へ打ち上げられる。大形の個体は雌で、小形の雄から性転換する。近似種のアサガオガイJanthina janthinaは胎生で、卵嚢を産まない。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のルリガイの言及

【アサガオガイ】より

…ギンカクラゲなどのクダクラゲ類を食べ,アオミノウミウシに食われる。近縁のルリガイVioletta prolongata(=Janthina globosa)はこの種に似るが,球状の殻をもつ。卵生で足から分泌した浮袋の下に卵囊を多く産みつける。…

※「ルリガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android