コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・シュール ル・シュール Le Sueur, Eustache

2件 の用語解説(ル・シュールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・シュール
ル・シュール
Le Sueur, Eustache

[生]1616.11.19. パリ
[没]1655.4.30. パリ
フランスの画家。 S.ブーエの弟子で,初期の作品には彼の影響がみられる。宗教的・神話的主題を多く描いた。最初画家組合に属していたが,「絵画・彫刻アカデミー」の創立に参加し,初代の 12人の教授の一人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ル・シュール
ル・シュール
Le Sueur, Hubert

[生]1595頃
[没]1650頃/1670. ロンドン
フランスの彫刻家。 J.ボローニュの弟子。 1619年よりフランス王に仕えたが,25年頃イングランドチャールズ1世に招かれてロンドンに渡り,多数の彫刻を制作した。主要作品『チャールズ1世騎馬像』 (1633,焼失後 74再建,ロンドン,チャーリング広場) ,『T.リチャードソン卿像』 (ウェストミンスター寺院) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ル・シュールの関連キーワード管弦楽組曲バッカス赤瘡頃・比やだ綿打ち程ろ冨嶽三十六景『韓非子』レスカス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・シュールの関連情報