コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・シュール Le Sueur, Eustache

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・シュール
Le Sueur, Eustache

[生]1616.11.19. パリ
[没]1655.4.30. パリ
フランスの画家。 S.ブーエの弟子で,初期の作品には彼の影響がみられる。宗教的・神話的主題を多く描いた。最初画家組合に属していたが,「絵画・彫刻アカデミー」の創立に参加し,初代の 12人の教授の一人となった。主要作品はシャルトル大聖堂の回廊のために制作した,22枚のタブロー (額画) から成る『聖ブルーノの生涯』 (1645~48,ルーブル美術館) 。

ル・シュール
Le Sueur, Hubert

[生]1595頃
[没]1650頃/1670. ロンドン
フランスの彫刻家。 J.ボローニュの弟子。 1619年よりフランス王に仕えたが,25年頃イングランド王チャールズ1世に招かれてロンドンに渡り,多数の彫刻を制作した。主要作品『チャールズ1世騎馬像』 (1633,焼失後 74再建,ロンドン,チャーリング広場) ,『T.リチャードソン卿像』 (ウェストミンスター寺院) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ル・シュールの関連キーワードシャルル3世(単純王)ベルリオーズルーアン洞窟絵画グノー

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ル・シュールの関連情報