コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルート・セールス るーと・せーるす

2件 の用語解説(ルート・セールスの意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ルート・セールス

ルートは巡回路。一定の地域で一定の順路を定めて定期的に得意先を訪問し販売活動を行うこと。定時巡回販売ともいう。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典の解説

ルート・セールス【route sales】

一定のルート(道順)に従って、小売業の得意先を車輌に商品を積んで巡回し、納品と販売を同時に行う販売方法。典型例はコカコーラの販売方法である。ルート・セールスの販売員をルート・セールスマンという。セールスマンが小売店主と直接接触するため、市場動向を的確に把握できることや、流通在庫を減少させることができるなどのメリットがある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルート・セールスの関連キーワードルートセールス配給入会定時地域団体定積句相撲絶滅率一定の法則排卵数一定の法則面積速度一定の法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルート・セールスの関連情報