コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルート・セールス るーと・せーるす

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ルート・セールス

ルートは巡回路。一定の地域で一定の順路を定めて定期的に得意先を訪問し販売活動を行うこと。定時巡回販売ともいう。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

流通用語辞典の解説

ルート・セールス【route sales】

一定のルート道順)に従って、小売業の得意先を車輌に商品を積んで巡回し、納品と販売を同時に行う販売方法。典型例はコカコーラの販売方法である。ルート・セールスの販売員をルート・セールスマンという。セールスマンが小売店主と直接接触するため、市場動向を的確に把握できることや、流通在庫を減少させることができるなどのメリットがある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

ルート・セールスの関連キーワードルートセールス伊藤園[株]ルート営業伊藤園

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android