コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルール川 ルールがわ Ruhr

翻訳|Ruhr

2件 の用語解説(ルール川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルール川
ルールがわ
Ruhr

ドイツ,ノルトラインウェストファーレン州中部を流れる,ライン川右岸の支流。全長 235km。ザウアーラント山地東部のウィンターベルク付近に源を発し,エッセンミュールハイムなどルール工業地帯の南縁を西流してデュースブルクでライン川に合流。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルール川
るーるがわ
Ruhr

ドイツ中西部の川で、ライン川の支流。流長235キロメートル。ノルトライン・ウェストファーレン州南東部のザウアーラントという低い山地に源を発し、多くの支流を集めたのち、ルール地方の南縁部を西に流れて、デュースブルクでライン川に合流する。下流部の沿岸では石炭層が地表に露出し、産業革命後いち早く採掘が進んで、ルール工業地帯成立の端緒となったが、19世紀中葉には鉱工業の中心は北方に移った。かつては水運にも用いられたが、いまではルール地方諸都市の上水道源として重要で、上流部にはダムでせき止めた多くの人造湖がつくられて流量が一定に保たれるとともに、水質の保全に意が用いられている。[浮田典良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルール川の関連キーワードクレーフェルトブリュールミュンスターウエストファリアノルトラインウェストファーレンウェストファーレンノルトライン・ウェストファーレンライン・ウェストファーレン石炭シンジケートウェストファーレン・ウィルヘルム大学ウェストファーレン条約

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone