コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルール川 ルールがわRuhr

翻訳|Ruhr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルール川
ルールがわ
Ruhr

ドイツ,ノルトラインウェストファーレン州中部を流れる,ライン川右岸の支流。全長 235km。ザウアーラント山地東部のウィンターベルク付近に源を発し,エッセンミュールハイムなどルール工業地帯の南縁を西流してデュースブルクでライン川に合流。早くから運河化が進んでおり,19世紀には石炭輸送路として重要な位置を占めた。現在は工業地帯への用水源となり,貯水池や取水施設が各所に設置されている。水質管理や利水の調整は,エッセンに事務局をおく流域組合が担当。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルール川
るーるがわ
Ruhr

ドイツ中西部の川で、ライン川の支流。流長235キロメートル。ノルトライン・ウェストファーレン州南東部のザウアーラントという低い山地に源を発し、多くの支流を集めたのち、ルール地方の南縁部を西に流れて、デュースブルクでライン川に合流する。下流部の沿岸では石炭層が地表に露出し、産業革命後いち早く採掘が進んで、ルール工業地帯成立の端緒となったが、19世紀中葉には鉱工業の中心は北方に移った。かつては水運にも用いられたが、いまではルール地方諸都市の上水道源として重要で、上流部にはダムでせき止めた多くの人造湖がつくられて流量が一定に保たれるとともに、水質の保全に意が用いられている。[浮田典良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルール川の関連キーワードミュールハイムアンデアルールハッティンゲンイブリーヌ県ルールモントルール炭田ウィッテンハーゲンオマー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android