レオ7世(読み)レオななせい(英語表記)Leo VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「レオ7世」の解説

レオ7世
レオななせい
Leo VII

[生]?. ローマ
[]939.7.13. ローマ
ローマ出身の第126代教皇在位 936~939)。ベネディクト会修道士だったとされる。スポレト公アルベリック2世により投獄された教皇ヨハネス11世(在位 931~935/936)のあとを継いだ。936年,当時西ヨーロッパで最も影響力のあった修道士の一人,クリュニー修道院の院長オドを招き,イタリア王ウーゴとアルベリック2世の争いを仲裁した。また,ドイツの聖職者改革に助力した。マインツの大司教フリードリヒに対し,ユダヤ教徒を強制的に改宗させることを禁じたが,キリスト教を受け入れないユダヤ教徒の追放は許可した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android