コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ7世 レオななせいLeo VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ7世
レオななせい
Leo VII

[生]?. ローマ
[没]939.7.13. ローマ
ローマ出身の第126代教皇在位 936~939)。ベネディクト会修道士だったとされる。スポレト公アルベリック2世により投獄された教皇ヨハネス11世(在位 931~935/936)のあとを継いだ。936年,当時西ヨーロッパで最も影響力のあった修道士の一人,クリュニー修道院の院長オドを招き,イタリア王ウーゴとアルベリック2世の争いを仲裁した。また,ドイツの聖職者の改革に助力した。マインツの大司教フリードリヒに対し,ユダヤ教徒を強制的に改宗させることを禁じたが,キリスト教を受け入れないユダヤ教徒の追放は許可した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レオ7世の関連キーワードステファヌス8世(9世)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android