コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新皇 シンノウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐のう〔‐ワウ〕【新皇】

《「しんおう」の連声(れんじょう)
あたらしく皇位についた人。新帝。
天慶2年(939)平将門東国の支配者として自称したという称号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんのう【新皇】

平将門のこと。《将門記》によると,939年(天慶2)11月21日に常陸国府を制圧した将門は,12月19日に上野の国司を追放して国庁に入り,弟や従者を伊豆と関東諸国の受領(ずりよう)に任じたが,このとき八幡大菩薩の使と口ばしる昌伎から位記を授けられ〈新皇〉と称するようになる。同書はこれ以後の将門を新皇と記すが,一方で京都の朱雀天皇を〈本皇〉〈本天皇〉としているので,新皇とはもともとの天皇に対する新しい天皇の意味であろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんのう【新皇】

〔「しんおう」の連声〕
新しく皇位についた人。
天慶てんぎようの乱のときに平将門が自ら称した、支配者としての称号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新皇の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物シュトラウス(子)シャー・ジャハーンアレクサンダル1世ビザンティン帝国平安時代(年表)アーデルハイト承平・天慶の乱ヨルダン(国)バシリスクスI. ティササウード家平将門の乱朝香 鳩彦新朔平門院アタワルパクリルタイラシーンケプラーネルウァ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android