コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レグール regur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レグール
regur

黒綿土 black cotton soilともいう。インドデカン高原に分布する土壌。チェルノゼムと類似の性状をもつ。表層は黒色の厚い有機物含有層から成り,自然植生は草原である。腐植含量が少く,母材の玄武岩に由来した鉄鉱物が多い点でチェルノゼムと異なる。草本類,特にワタの生育に適する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レグール(regur)

インドのデカン高原に見られる玄武岩の風化土壌。熱帯黒色草原土の一種。綿花栽培に適することから黒色綿花土ともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レグール

インドのデカン高原の玄武岩に由来する黒色の草原土壌熱帯黒色土壌の典型。ふつう1〜2mの暗色,層位分化不明瞭の粘土質土層からなり,粘土鉱物モンモリロナイトを主とするため,乾燥すると収縮して割れ目ができ,いわゆる自然耕耘(こううん)が起こる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

レグール

黒色綿花土(black cotton soil)のインドの名称.インドのデカン高原に広く分布する亜熱帯黒色土の一種で,草原をなす玄武岩の母材上に発達する[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のレグールの言及

【熱帯黒色土壌】より

…熱帯を中心に亜熱帯から暖温帯にまで分布する粘土質で暗色の土壌に対する総称で,いくつかの土壌型が含まれる。インドのレグールregurや黒綿土(こくめんど)black cotton soil,インドネシアのマーガライト土margallitic soil,中央アフリカの熱帯チェルノーゼム,スーダンのバドーブbadob soil,南アフリカのフライvlei soil,北アフリカのティルtir,ポルトガルのバロスbarros,バルカンのスモニッツァsmonitzaまたはスモルニッツァsmolnitza,オーストラリアの黒色土,アメリカのグルムソルgrumsolなど多くの地方名があり,アメリカ合衆国の土壌分類体系《Soil Taxonomy》(1975)ではバーティソル目に含まれている。これらに共通する特徴は,モンモリロナイト質粘土に富み,乾季に乾燥するといちじるしく収縮して大きな亀裂を生じ,雨季に湿ると膨潤して亀裂が閉じることが毎年反復されるので,土塊が摩擦し合って鏡肌とよばれる特有な平滑な面ができ,地表にはギルガイgilgaiとよばれる凹凸のある微地形を生ずることである。…

※「レグール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レグールの関連キーワードカーティアワール半島マハラシュトラ州マルワ(インド)サバンナ気候ゴダバリ川レグール土ベラールバローダ黒土帯土壌型亜熱帯

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android