コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レサマ・リマ レサマ・リマ Lezama Lima, José

2件 の用語解説(レサマ・リマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レサマ・リマ
レサマ・リマ
Lezama Lima, José

[生]1912. ハバナ
[没]1976. ハバナ
キューバの詩人,小説家。早くから詩作を始め,1940年代には前衛的な詩誌『オリヘネス』 (1944~56) に関係,革命後も作家同盟の中心的存在の一人として旺盛な創作活動を続けた。詩集に秘儀的な『ナルシスの死』 Muerte de Narciso (37) ,『譲渡者』 Dador (62) などがあるが,特に 66年発表の小説『楽園』 Paradisoは,主人公ホセ・セミの詩人としての成長と自覚を描きつつ,深い思索と豊かな想像から結晶した詩的なイメージを随所に散りばめた傑作で,彼に「キューバのプルースト」の名をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レサマ・リマ
れさまりま
Jos Lezama Lima
(1912―1976)

キューバの詩人、小説家。バチスタ独裁政権下、『ナルシスの死』(1937)、『敵なるざわめき』(1941)、『不変』(1949)など、ゴンゴラケベードバレリーマラルメらの影響が顕著な詩集を発表。1959年のキューバ革命により国家文化評議会文学および出版部部長に任命される。主人公ホセ・セミの誕生から彼が詩に目覚めるまでをバロック的文体で描き、手法的にはジョイスの『ユリシーズ』に比較される一種の教養小説『楽園(パラディソ)』(1966)で国際的名声を得るが、同性愛の露骨な描写が問題視されたためか当局からは以後冷遇される。死後、前書の続編ともいうべき『オッピアーノ・リカリオ』(1977)が出版された。[安藤哲行]
『井上義一訳『断頭遊戯』(『ラテンアメリカ怪談集』所収・河出文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レサマ・リマの関連キーワードハバナ宣言ハバハバ猫はバナナの皮をむくハバナの男ハバナの男たちハバナ・ブラウンバナトハバナ会社ハバナ憲章ハバナ条約

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone