レサマ・リマ(読み)れさまりま(英語表記)José Lezama Lima

日本大百科全書(ニッポニカ)「レサマ・リマ」の解説

レサマ・リマ
れさまりま
José Lezama Lima
(1912―1976)

キューバ詩人、小説家。バチスタ独裁政権下、『ナルシスの死』(1937)、『敵なるざわめき』(1941)、『不変』(1949)など、ゴンゴラ、ケベード、バレリー、マラルメらの影響が顕著な詩集を発表。1959年のキューバ革命により国家文化評議会文学および出版部部長に任命される。主人公ホセ・セミの誕生から彼が詩に目覚めるまでをバロック的文体で描き、手法的にはジョイスの『ユリシーズ』に比較される一種の教養小説『楽園(パラディソ)』(1966)で国際的名声を得るが、同性愛の露骨な描写が問題視されたためか当局からは以後冷遇される。死後、前書の続編ともいうべき『オッピアーノ・リカリオ』(1977)が出版された。

[安藤哲行]

『井上義一訳『断頭遊戯』(『ラテンアメリカ怪談集』所収・河出文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「レサマ・リマ」の解説

レサマ・リマ
Lezama Lima, José

[生]1912. ハバナ
[]1976. ハバナ
キューバの詩人,小説家。早くから詩作を始め,1940年代には前衛的な詩誌『オリヘネス』 (1944~56) に関係,革命後も作家同盟の中心的存在の一人として旺盛な創作活動を続けた。詩集に秘儀的な『ナルシスの死』 Muerte de Narciso (37) ,『譲渡者』 Dador (62) などがあるが,特に 66年発表の小説『楽園』 Paradisoは,主人公ホセ・セミの詩人としての成長と自覚を描きつつ,深い思索と豊かな想像から結晶した詩的なイメージを随所に散りばめた傑作で,彼に「キューバのプルースト」の名をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android