コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レシプロエンジン

デジタル大辞泉の解説

レシプロ‐エンジン

reciprocating engineから》ピストンの往復運動を、連結棒とクランクによって回転運動に変える方式のエンジン。レシプロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レシプロエンジン

ピストンエンジン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

レシプロエンジン

〔reciprocating engine の略〕
ピストンがシリンダー内を往復運動する構造のエンジン。ピストン-エンジン。往復機関。 → ロータリー-エンジン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レシプロエンジン
れしぷろえんじん
reciprocating engine

ピストンがシリンダー内で往復動する熱機関のこと。普通には内燃機関、とくに往復動ガソリンエンジンをいうことが多い。内燃機関のなかにもガスタービンのように回転羽根車からなるものもあり、またバンケルエンジンのようにピストンに相当する回転運動する物体によるものなどがあり、往復動するピストンをもつ機関を区別するために「レシプロ」ということばが使われる。[吉田正武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレシプロエンジンの言及

【ピストンエンジン】より

…円形断面を有するピストンがシリンダー内を往復する構造のエンジン。蒸気機関や一般のガソリンエンジン,ディーゼルエンジンなどがこの形式で,回転部のみから構成されているガスタービンや蒸気タービンなどの回転型機関に対して,往復機関reciprocating engine,レシプロエンジンとも総称される。ピストンエンジンはピストンの往復運動を回転運動に変換するためのピストン‐クランク機構を必要とし,回転型機関に比べて重量や振動の面では性能的に劣るが,小出力のものから大出力のものまで,高効率のものを比較的容易にかつ安価に製造でき,また取扱いも容易なため,原動機の中ではもっとも広く用いられている形式である。…

※「レシプロエンジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レシプロエンジンの関連キーワードreciprocating engineセラミック・ターボチャジャーフォッケ=ウルフFw190ロータリーエンジン(RE)マツダコスモスポーツロータリーエンジンロールス=ロイス航空機の推進装置水平対向エンジンレーシングカーrecipro非鉄金属工業V型エンジンFA直列エンジンロータリー航空燃料ダイフクPCV

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レシプロエンジンの関連情報