コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レジャーヌ Réjane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レジャーヌ
Réjane

[生]1856.6.6. パリ
[没]1920.6.24. パリ
フランスの女優。本名 Gabrielle -Charlotte Réju。コンセルバトアールを経て,1874年ボードビル座で初舞台を踏み,その劇場主ポレルと結婚。 E.ブリュー,H.バタイユ,H.ベルンスタンら自然主義作家の戯曲の多くを初演した。また自身も商業演劇の花形として,V.サルドゥの『マダム・サン=ジェーヌ』 (1893) などの名舞台を残し,映画にも出演。のち劇場主としても活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レジャーヌ【Réjane】

1856‐1920
フランスの喜劇女優。本名Gabrielle Charlotte Réju。俳優の子としてパリに生まれる。1875年ボードビル座でデビュー。柔軟ではつらつたるその演技は大衆の喝采を博す。当時の人気作家ポルト・リシュ,サルドゥー,エルビユ等の風俗劇,恋愛心理劇に出演,当代きっての喜劇女優とうたわれた。1905年独立して劇場をもち,レジャーヌ座と称した。代表的な役はサルドゥー作《無遠慮夫人》(1893)のヒロイン。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レジャーヌ
れじゃーぬ
Rjane
(1857―1920)

フランスの女優。本名はガブリエル・レジュ。自然主義演劇興隆後のパリの劇壇における人気女優で、とくに軽い風俗喜劇を得意とした。パリに生まれ、1874年にコンセルバトアールを卒業し、ボードビル座に入り、写実風の演技で頭角を現していった。93年に演じたサルドゥーの『無遠慮夫人』が当り役。1906年以後はレジャーヌ劇場を得て、自ら運営にあたった。ここでのメーテルリンク作『青い鳥』の上演(1911)は大成功を収めた。[加藤新吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

レジャーヌ

生年月日:1856年6月6日
フランスの女優
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

レジャーヌの関連キーワードガブリエル レジャーヌD. ニッコデーミブールバール劇ギトリー父子生年月日フレネーギトリー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android