コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レジャーヌ レジャーヌ Réjane

3件 の用語解説(レジャーヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レジャーヌ
レジャーヌ
Réjane

[生]1856.6.6. パリ
[没]1920.6.24. パリ
フランスの女優。本名 Gabrielle -Charlotte Réju。コンセルバトアールを経て,1874年ボードビル座で初舞台を踏み,その劇場主ポレルと結婚。 E.ブリュー,H.バタイユ,H.ベルンスタン自然主義作家の戯曲の多くを初演した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レジャーヌ【Réjane】

1856‐1920
フランスの喜劇女優。本名Gabrielle Charlotte Réju。俳優の子としてパリに生まれる。1875年ボードビル座でデビュー。柔軟ではつらつたるその演技は大衆の喝采を博す。当時の人気作家ポルト・リシュ,サルドゥー,エルビユ等の風俗劇,恋愛心理劇に出演,当代きっての喜劇女優とうたわれた。1905年独立して劇場をもち,レジャーヌ座と称した。代表的な役はサルドゥー作《無遠慮夫人》(1893)のヒロイン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レジャーヌ
れじゃーぬ
Rjane
(1857―1920)

フランスの女優。本名はガブリエル・レジュ。自然主義演劇興隆後のパリの劇壇における人気女優で、とくに軽い風俗喜劇を得意とした。パリに生まれ、1874年にコンセルバトアールを卒業し、ボードビル座に入り、写実風の演技で頭角を現していった。93年に演じたサルドゥーの『無遠慮夫人』が当り役。1906年以後はレジャーヌ劇場を得て、自ら運営にあたった。ここでのメーテルリンク作『青い鳥』の上演(1911)は大成功を収めた。[加藤新吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レジャーヌの関連キーワードコルネイユセネットフランス組曲タチ喜劇は終わった幕を引けフランスソワールマンデスフランスフランステレビジオンフランス通り楠トシエ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone