コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レセダ

百科事典マイペディアの解説

レセダ

主として南欧原産のモクセイソウ科モクセイソウ属の一〜多年草の総称。日本では2種がときに植えられる。シノブモクセイソウは一〜二年草で,茎は多く分枝し,高さ60〜90cm,羽状に深裂した葉をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レセダ
れせだ
[学]Reseda odora L.

モクセイソウ科の一年草。株元から多数分枝して叢生(そうせい)し、高さ約30センチメートルに達する。初夏のころ、小さな黄白色花を短穂状につける。雄しべの葯(やく)は黄金色で目だつ。よい香りがするので、モクセイソウ(木犀草)の名がある。北アフリカ原産。9月中旬~下旬、育苗用ポリポットに数粒播種(はしゅ)し、発芽後、間引いて1本残す。耐寒性が弱いのでフレームや温室で越冬させ、4月初め、日当り、排水のよい花壇に定植する。[山口美智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レセダの関連キーワードモクセイソウ(木犀草)木犀草

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android