コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レヒフェルトの戦い レヒフェルトのたたかいBattle of Lechfeld

2件 の用語解説(レヒフェルトの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レヒフェルトの戦い
レヒフェルトのたたかい
Battle of Lechfeld

ドイツのオットー1世 (大帝) が,955年8月 10日,アウクスブルク近くのレヒフェルトでマジャール人 (ハンガリー人) を完敗させて武名を高めた戦闘。正確な戦場の位置は判明していない。マジャール人は9世紀に現在のハンガリーの基礎をほぼ築き,その後しばしば西進を試み,東方からドイツを脅かしていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レヒフェルトの戦い
れひふぇるとのたたかい

955年、オットー1世指揮下のドイツ軍が、侵入してきたマジャール(ハンガリー)人を撃退した戦い。ハンガリー平原を根拠にするマジャール人は、10世紀初頭よりたびたびドイツに侵入したが、同年にもバイエルン地方を劫掠(ごうりゃく)し、さらにシュワーベン地方に侵入しようとして、途中アウクスブルクを包囲した。8月10日、オットー1世に率いられた救援軍が到着し、ドナウ川支流レヒLech川流域のレヒフェルトLechfeldにおいて翌2日間にわたる激戦を交え、マジャール軍に壊滅的打撃を与えた。以後侵入は後を絶ち、その結果オットー1世の威信も高まり、ザクセン朝の王権確立の重要な一因となった。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone