コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レムシャイト Remscheid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レムシャイト
Remscheid

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州ケルンの北東約 30kmにある工業都市。近世以来製鉄および鉄製品製造業が発達し,工作機械器具の生産地で,厨房器具なども産する。 1808年都市権獲得。 1929年市域に編入されたレンネップは W.レントゲンの生誕地で,レントゲン博物館がある。人口 11万1422(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

レムシャイト

ドイツ西部,ルール地方の都市。デュッセルドルフ東方約15km。鉄鋼,機械,繊維などの工業が行われる。X線を発見したレントゲンの生地。10万9600人(2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レムシャイト
れむしゃいと
Remscheid

ドイツ中西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の工業都市。人口11万9300(2000)。ケルンの北東35キロメートルの丘陵地上に発達した。15世紀以来、手近に得られる鉄鉱石、木炭、水力を利用し、ドイツでもっとも多面的な鉄製品手工業を発展させた。可鍛鋳鉄、鋳鋼、やすりをはじめ、製品は多種に及ぶ。第二次世界大戦後、市域を通るアウトバーンが建設され、交通の便がよくなった。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レムシャイトの関連キーワードウォルフガング ティルマンズマルタ メードルテオ オットーオットー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android