コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レルヒ レルヒ Lerch, Theodor Edler von

6件 の用語解説(レルヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レルヒ
レルヒ
Lerch, Theodor Edler von

[生]1869. プレスブルク
[没]1945. ウィーン
オーストリアの軍人。オーストリアスキーを考案したマティアス・ツダルスキーの高弟。 1911年陸軍少佐として来日し,新潟県高田市で,青年将校スキー専修員にスキー技術を伝えたのが,日本におけるスキーの始まりであるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レルヒ(Theodor Edler von Lerch)

[1869~1945]オーストリアの軍人。明治43年(1910)大使館付武官として来日。新潟県の高田や北海道の旭川でスキーの紹介・指導を行った。大正元年(1912)帰国。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

レルヒ Lerch, Theodor Edler von

1869-1945 オーストリアの軍人。
1869年8月31日生まれ。明治43年(1910)駐日参謀少佐として来日。翌年,新潟県高田の歩兵第五十八連隊で1本杖(づえ)によるスキーを指導。このため同地がわが国スキー発祥の地とされる。旭川師団でも指導にあたり,大正元年帰国。その後,1本杖スキーは民間で普及した。1945年12月24日死去。76歳。ウィーン参謀学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

レルヒ

没年:1945.12.24(1945.12.24)
生年:1869.8.31
明治時代に来日したオーストリア軍人。日本スキーの父。オーストリア軍人(歩兵連隊長)の長男としてブラチスラバ(スロバキア共和国の首都)で生まれる。オーストリア陸軍参謀少佐時代の明治43(1910)年,新潟県高田師団付き駐在武官として来日。翌年1月12日,金谷山で堀内文次郎連隊長らに初めてスキーを伝授。翌年,旭川でも砲兵連隊を指導した。山岳スキーの元祖ツダルスキー(オーストリア)の高弟で長い1本杖を斜めに構え,雪面を押すように滑った。八甲田山の雪中行軍大惨事(1902年,199人凍死)の苦い体験がある陸軍はレルヒのスキー技術の吸収に努め,民間にも広まった。45年4月,スキーで富士山9合目まで達した。同年帰国後,少将で退任。1940年ウィーンで日独文化協会長を務めた。<参考文献>中野理『スキーの黎明―レルヒ伝』

(武田文男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レルヒ【Theodor Edler von Lerch】

1869‐1945
日本にオーストリア・スキーを紹介した軍人。ウィーンに生まれ1910‐12年,軍事研究のために日本駐在武官として来日,1911年新潟県高田の歩兵第58連隊,12年北海道旭川師団で,1本づえのオーストリア・スキーを紹介・指導し,これが日本における近代スキーの幕あけとなった。この1本づえスキーは軍隊よりも民間に普及し,大正中ごろまで行われた。【広畑 成志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

レルヒ【Theodor Edler von Lerch】

1869~1945) オーストリアの軍人。1910~12年駐在武官として来日。高田・旭川で、一本杖スキーを紹介・指導した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のレルヒの言及

【スキー】より

…これはシーズン中に各地を転戦する方式で,初めはアルペン競技であったが,のちにノルディック競技,さらにフリースタイルも登場した。
[日本]
 日本に近代スキーがもたらされたのは1890年代であったが,組織的なスキー指導は,1911年1月,オーストリア・ハンガリーの陸軍少佐T.E.vonレルヒが,新潟県高田(現在の上越市)にあった歩兵第58連隊の営庭で,鶴見大尉ら14名のスキー専修員をコーチしたのが最初である。レルヒはズダルスキーの弟子で,物干竿のような長い1本づえを使うリリエンフェルト・スキー術の名手であった。…

【登山】より

…しかし,このころの装備はまだ日本古来のものであった。11年オーストリアのレルヒ少佐が日本にスキー術を伝え,スキーによる積雪期登山が始まった。21年9月,槙有恒がスイスのアイガー東山稜を初登攀し,その技術や装備を日本に伝え,ザイル,ピッケルなどによる岩登りや冬季登山などの近代登山が始まった。…

※「レルヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レルヒの関連キーワードオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストリーオーストラリア首都特別地域日本オーストリア文学会オーストリアワインオーストン曇慧オーストリア・マルクス主義オーストリア美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レルヒの関連情報